オーガニック認定機関の認証
トップQ&Aご注文商品一覧お問い合わせお支払いの方法法律に基づく表記

オーガニック米市場をリードするための各種オーガニック認証
国内でのオーガニック米市場で圧倒的なシェアを誇る弊社では、お客様の様々なニーズにお応えするための各種有機認証を取得しております。
1997年4月、日本の米穀卸業者の中では最も早い時期にOCIA Internationalによる認定の取得して以来、 2001年4月の新JAS法に基づく有機農産物小分け業者の認定をはじめとし。
市場のニーズに合わせて、業界をリードしながら各種認定を取得継続しています。
現在は、ECOCERTによる、EU、アメリカNOP認定をはじめ、有機JASの小分け、輸入業者の認証を受けており、お客様の要求にお応えできる認証を取得した有機米を、世界各国から輸入し、お届けできるようにしています。
福岡農産株式会社は下記に示す2つの認定機関の認証を取得しています。

日本の有機JAS認定機関 エコサートジャパンの認定証

2001年4月に有機JAS法が施行されました。
弊社はOCIAジャパンより1997年の初認定以来、この認証機関の認定受けています。
※2018年度より、エコサートジャパンへ認証の変更を行っております。
※当サイトのJAS認証及び商品に掲載するロゴについては、順次対応中です。

JAS法とは 正式には「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」といいます。
飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」から構成されています。

弊社が取り扱っている有機 米や各産地のお米にも、JASマークや原産地などの表示が付いています。
平成11年の改正で消費者に販売される全ての食品に表示が義務づけられるようになり、最近のJAS法改正としては、平成21年5月に「食品の産地偽装に対する直罰規定」が創設されました。

弊社新工場が完成、認証申請の流れでしたが、上記のようにJAS法自体が変り、新たな認証取得となりました。

アメリカのNOP:National Organic Program(アメリカオーガニックプログラム)認定機関OCIA International:Organic Crop Improvement Association(有機農産物改良協会)、EUの認定証

最初に認証を受けたのは1997年4月です。
米穀業界では最も早い時期の認証です。

有機JAS同様2005年12月に検査を受けて更新しておりますが、JAS法改正に伴いこちらも新たに検査を受けました。
その後、毎年、監査を受けて更新をしており、常に最新の証明書提示に努めております。
2017年6月13日付けでECOCERTに変更いたしました。

非燻蒸証明書

(東海地区)-(九州)植物検疫協会が発行した非燻蒸証明書です。
内容は下記貨物については輸入植物検査の結果「虫なし合格」であり、検疫燻蒸を行っていないことを証明するというものです。
外国船を使った輸送では、燻蒸が必要な場合も多く、この証明書提出によって初めて国内への商品搬入が許可されます。

当社ではユーザー様の求めに応じて有機米等を取り扱っていることから、食に対しての安全の確保するためこのように確かな証明を行うことを常に心がけております。
有機性を損なっていないことを 証明することにもなる証明書を取得しております。

種類・名称として ORGANIC MEDIUM GRAIN KR55 BROWN RICEと記載され、食糧庁契約番号(27)S0069、コンテナNO.CAIU2524293、BMOU2920714と記載されています。

倉庫業者の認定証

日本通運株式会社川西倉庫株式会社の倉庫業者認定書です。
有機米等を輸入した場合、各倉庫業者での保管及び輸送が必要となります。
もちろんお米は食卓に欠かせない食べるものですので、スピーディーに港から当社保管庫に移し、更に精米の過程を経て皆様にお届けする必要があります。
その為、しっかりした輸送手段、保管が必要になりますので、当社も各業者との契約と認定書の確保をすることで、安全な有機米等を皆様の食卓へお届けする義務があるのです。



クリックで拡大表示します。

クリックで拡大表示します。
玄米袋に縫いこまれたJAS認定マーク

ランドバーグはOMICにより有機JAS認定を受けています。
ロット番号が記載された有機JASマークです。

 



福岡農産株式会社 ISO9001 品質方針
我社はお客様の満足こそが最終商品であると考え、より高いレベルの顧客満足を実現するために、品質マネジメントシステムを全社的、組織的に連用し、有効性を確認し、継続的に改善します。

農林水産省の策定した「食品業界の信頼性向上自主行動計画―5つの基本原則」(下記記載)を全社員(パートを含む)が充分に理解し実行すると共に、自己検証し改善に努めます。また企業に対する労働、情報関係等各行政庁に関する関連法令を遵守します。

主食米等丸米は顧客の満足が得られる商品を的確に把握し、玄米の特性に合わせた最適な精米等の加工に努め、関連法令を遵守し、取り決めた内容(産地、品種、年産、ブレンド内容、食味基準)に違いない精米を安定供給します。

特定米は関連法令を遵守し、顧客と取り決めた品質基準、仕入れ履歴条件に合わせ
品質の安定を図りブレのない製品を安定供給します。

各部門は上記の方針をもとに、品質目標を設定し、実行し、継続的に見直します。

我社の品質方針は、経営計画の基本として位置づけ、経営計画発表会、社内ネットワークを利用したマンスリーレポート、掲示板、朝礼、会議等により全社員に理解徹底させます。
また品質方針の適切性を持続させるために見直しを行います。
5つの基本原則
1.消費者視点の明確化
 消費者を基点として、消費者に対して安全で信頼される食品を提供することを基本方針とします。
2.コンプライアンス意識の確立
 取り巻く社会環境の変化に適切に対応し、法令や社会規範を遵守し、社会倫理に沿った企業活動を進めていきます。
3.適切な衛生管理・品質管理の基本
 安全で信頼される食品を消費者に提供するために、適切な衛生・品質管理をしていきます。
4.適切な衛生管理・品質管理のための体制整備
 適切な衛生管理・品質管理を行う体制を整備し、それが形骸化しないように改善を行っていきます。
5.情報の収集・伝達・開示等の取り組み
 消費者などの信頼や満足感を確保するために、常に誠実で透明性の高い双方向のコミュニケーションを行います。

トップQ&Aご注文商品一覧お問い合わせお支払いの方法法律に基づく表記