今年も熱燻蒸(熱処理)の季節が到来しました。
従来通り、主食、もち工場から特定米穀工場、玄米選別工場と実施しております。
今年は従来から懸案であった特定米穀ブレンドライン(スレート壁を使った常温倉庫の一部を利用しているため、密閉性がなく温度を上げられなかった)に仕切りをつけ、隙間も埋めたところ、予想以上にうまく温度が上昇し、大きな効果が見られました。
写真でもわかりますが、天井の一部に壁を設置し、そこから垂らしたビニールで倉庫部分と遮断しております。
特定米穀ブレンドライン 特定米穀ブレンドライン
特定米穀ブレンドライン 特定米穀精米ライン
主食精米ライン、もち精米ライン 配電盤・分電盤