アナハイム(NATURAL PRODUCT EXPO)視察

【NATURAL PRODUCT EXPO視察】

FOODEXの最終日、ブースの撤収を完了してそのままアナハイムで行われるNATURAL PRODUCT EXPO視察と旱魃が続くカリフォルニアの2016年産に向けての現状確認をしてきました。

NATURAL PRODUCT EXPOには、20年にわたりアメリカ産オーガニック米を取り扱う弊社のお客様も一部出展されており、アメリカ市場で頑張り認められた日本のオーガニック食材の姿を見ることができました。
また、展示会自体は食品の他に、サプリメント、機材など多岐にわたるものの、FOODEXに引けを取らない広い会場で、全ての食品を対象としたFOODEXに対し、NATURAL & ORGANICの商品だけで構成される展示会の規模の大きさに日米の違いを感じました。

現在、アメリカ国内の市場では、オーガニック商品の底辺が急激に広がりを見せており、一部の特化した販売店だけでの販売から、一般スーパーでも大々的にオーガニックを展開するようになってきました。日本とアメリカでは食品に対する考え方が大きく違うとはいえ、一度しぼんでしまった日本のオーガニックマーケットにこの流れが押し寄せてくることを期待してしまいます。

ロサンゼルスの空港に到着すると道路が濡れており、雨が降ったことがわかりました。
すでに何年もまともに雨が降っておらず、山への降雪も不足、深刻な干ばつに苦しんできたカリフォルニアですが、この冬はエルニーニョの影響でまとまった降水があったようです。

弊社の取引農家でも、今年は水の心配はなさそうだいうことで、供給や価格の状況はずいぶん改善しそうです。 夏場は一滴も雨が降らないカリフォルニア。 一面が枯れ果てた草原となりますが、雨に潤わされた緑豊かな景色は私をも潤してくれるようでした。