今年も熱燻蒸の季節が来ました。
今年から新たに熱風を出す「ターボノックス」専用の配電盤も設置しました。
大量の電気を使用するため、一時的に精米ラインの配電盤から借用するのはリスクがあるからです。

やはり、長年続けてきたことと、もち米ラインの大掛かりなリニューアルもあり今年の虫類の死骸数は相当減少しております。

しかしこれで油断することなく日常の清掃やメンテナンスを継続して行っていきます。

右の写真が配電盤です。
下の左側から順番に玄米選別工場、右が主食、もち米工場、下は特定米穀工場のものとなります。

玄米選別ライン「ターボノックス」専用の配電盤主食ライン・もちライン「ターボノックス」専用の配電盤

主食ライン・もちライン「ターボノックス」専用の配電盤