ランドバーグの哲学
トップQ&Aご注文商品一覧お問い合わせお支払いの方法法律に基づく表記

lundberg ランドバーグファミリーファームズの
歴史と哲学

ランドバーグ4兄弟
ハーラー、ホーマー、エルドン、ウエンデル
ランドバーグ家の農法は「自然環境と土を大切にする」という哲学に基づいたものです。

「有機」と言う言葉が人々に知れ渡るずっと以前から土壌を養う農法は当社の原点でした。

 1930年代、アルバート・ランドバーグ夫妻は西ネブラスカで農業を営んでいました。当時ネブラスカにおいては連作と旱魃(かんばつ)によって起こるダストボール(1920年代から30年代にかけてアメリカ中西部をしばしば襲った砂塵で経済恐慌以上に農民を苦しめた)という現象で、農地の表土が侵食され失われました。やむなくランドバーグ夫妻はネブラスカの農地に見切りをつけ、他の多くの人々とともにカリフォルニアに移り北カリフォルニアのリッチベールという州都サクラメントから2時間くらい北に行った場所に居を構えました。

 北カリフォルニアのリッチベールで1937年から米作りを始めた後も、「土を大切にし、より良い土を作り、自然循環を考えた農業」というランドバーグ家の哲学が3代にわたって守られているのは、ネブラスカでの経験が原点にあるからです。

 米国産米の2割以上が豊かなサクラメント盆地で収穫されます。ランドバーグ4兄弟は食料生産農家のハシリである父アルバートから土地と周囲の環境を大事にしなければならないと言う事を学びました。そして1965年頃から隣町のチコに居住する有志から無農薬で化学肥料を使用しないお米を欲しいという要望に応え、現在のオーガニック米にあたるお米を作り始めました。ちょうどヒッピーなどがアメリカでも出現し自然回帰などの考え方が社会運動となった頃です。

 60年以上に亘る成功を背景にして立つ4人兄弟。ランドバーグ社はオーガニック米分野では突出しております。

 そして1987年には有機農産物を認証する第3者の認定機関CCOF:California Certified Organic Farmers(カリフォルニア認定有機農家協会)の認証を受け、以来認定有機米生産が拡大しています。

 一番左がエルドンで二人目がその息子のグラント。現在ランドバーグ社のCEO(最高経営責任者)を務めています。

ランドバーグ社の使命感
 ランドバーグファミリー農場は収益性の高い作物を生産し、味が良好で健康的且つユニークな高品質の米関連製品を販売する事を通じて、お客さま、従業員、生産農家、株主そして環境の要求に応えるために存在しています。ランドバーグファミリー農場は食料生産農業とその生産物の品質向上について、消費者、従業員、協力農家に常に新しい知識を提供する事によって自然食品およびグルメ食品業界においてリーダーシップをとる事を約束いたします。

ランドバーグ社の企業理念
*正直で清廉である事
*部下、同僚、上司、管理職あるいは顧客に対し、貴方がしてもらいたい方法で接する事
*一生懸命に働けばそれに対する酬いが必ず得られる
*常に自己鍛錬を怠らない事
*良い評価を得られるよう努力する事
次のページへ

トップQ&Aご注文商品一覧お問い合わせお支払いの方法法律に基づく表記